本文へジャンプ

はやし歯科医院:自費治療と保険治療の違い

自費治療と保険治療の違い

治療には、「保険」と「自費」があります。
特定の治療について、誰もが平等な治療が受けられるように国が費用を負担してくれる制度が健康保険です。
このおかげで病院に健康保険証を持って行くと、治療費が割安(本来の治療費の3割負担)になります。
保険治療には制限があります。
保険治療で使える素材や治療法には制限があり、一定の範囲内での選択肢となるため、必ずしも患者さんがのぞむ治療を受けられるとはかぎりません。最低限の機能を取り戻すには充分ですが、美しい見た目や優れた機能性を求める方の場合、治療後の仕上がりに満足できないこともあるでしょう。
たとえば、入れ歯で使用できる素材はレジンとよばれる歯科用プラスチックにかぎられるため、見た目に満足がいかないというケースもあります。
質の高い治療を受けたい
自費治療とは、保険治療とは対照的に治療費が全額自己負担となる治療を指します。
ただし、保険治療では行えない高精度な治療や厳選された素材を使った治療などを行えるというメリットがあります。 保険治療では最低限の機能を取り戻すことを目的にしていますが、一方の自費治療は噛み合わせのバランスや歯の強度などを考えて快適な口 内環境を実現することを目的としています。
治療費が全額自己負担というと、どうしても「高い」という印象を持たれがちですが、治療後に快適な生活を送れる ことをふまえると、費用以上のメリットを得られる治療といっても過言ではないでしょう。

自費治療 料金表

自費治療の料金一例です。ケースにより、料金は異なりますので当院スタッフにお尋ねください。

ハイブリッドセラミックスインレー 形状問わず、30,000円~
コア 5,000円(形成料込み)
セラミック冠 1歯 60,000円~
オールセラミック冠 1歯 80,000円~
ハイブリッドセラミック冠 40,000円(奥歯のみ)
ラミネートベニア 70,000円
ノークラスプデンチャー 80,000円~
金属床義歯 総義歯 200,000円(一部保険適応可)
金属床義歯 部分床義歯 150,000円+維持装置(10,000円×歯数)
ホームホワイトニング 上下顎 30,000円

ページの先頭へ戻る