本文へジャンプ

はやし歯科医院:診療案内

義歯(入れ歯)

義歯入れ歯とは?

総入れ歯(総義歯)と部分入れ歯(部分床義歯)イメージ画像

虫歯などの原因で複数の歯を失ってしまった際に、歯の無いところを補う取り外しタイプの物をいいます。
入れ歯には大きく分けて、総入れ歯(総義歯)と部分入れ歯(部分床義歯)の2種類があります。

歯が部分的に欠けたところに天然の歯にかわって義歯(入れ歯)をはめ込む方法を部分入れ歯と言います。
入れ歯を支えるために天然の歯に金属の爪(クラスプ)を掛けて固定します。爪(クラスプ)は天然の歯に負担をかけます。
また、欠けた場所によっても爪(クラスプ)が見えて見た目が悪い場合などは爪(クラスプ)の無い入れ歯を用いたりします。

歯が1本もない状態の時には総入れ歯になり、歯茎、粘膜で入れ歯を固定することになります。
固定する方法には入れ歯の材質や種類が関わってきます。レジン床、金属床、ノンクラスプデンチャー(バネのない入れ歯)などがあり、保険適応、保険適応外と分かれています。見た目や使いやすさで違いがわかります。
また、固定する方法としましてはインプラントと併用して固定する方法もあります。

入れ歯は保険治療ではプラスチックのものしか選ぶことは出来ません。
プラスチックの入れ歯は、噛む機能にはまったく問題ありませんが自費入れ歯に比べると、快適さや食べ物の味わいで劣る部分があります。自費治療の入れ歯は、様々な材料があり、より快適で体に優しいものがあります。

入れ歯の取扱い

初めて義歯を入れる方へ:イメージ写真

初めて義歯を入れる方へ

初めて義歯を入れられた方はものを食べるときや会話をするときにとても違和感があります。
そして、食べ物をおいしく感じられなくなったり、話すとき思うように発音ができなくなったりもします。
これは義歯を入れたことで口の中が緊張してしまうことから起こります。
しかし、これらは一過性のもので、義歯に慣れれば口の中の緊張もほぐれて食べ物もおいしくなり、会話もスムーズにできるようになります。

義歯の取扱いについて
入れ歯を入れたあとは
歯を虫歯から予防するのイメージ写真
義歯は入れればおしまいではなく、入れてからが重要です。
義歯を付けていると歯ぐきが痩せたり、義歯を支えている歯が弱くなったりして自分の口に合わなくなってきます。また、異常が感じられなくても知らないうちに悪い状態(噛み合わせが悪くなり、顎の関節に異常がで出る)になってしまうことがあります。

ページの先頭へ戻る