本文へジャンプ

はやし歯科医院:診療案内

一般歯科

虫歯は我慢して治るものではなく、放っておくと悪化するものです。歯のしみや痛みに気付いたら出来るだけ早く治療しましょう! 一般歯科とは、虫歯の治療をはじめ歯周病予防、歯槽膿漏の治療、歯の欠損部を補う事などです。
近年の歯科医療の進歩により、一般歯科の治療と言ってもさまざまな方法があり、症状によってどの治療法がいいかは異なります。しかし、どんな治療にも言えることは「健康な歯を保つ」ということです。

虫歯について

虫歯の進行は通常、C0~C4の5段階に分類され、虫歯の進行状況にあわせて治療内容も大きく変わります。
「もしかしたら虫歯かも…」と心配している方はぜひチェックしてみましょう!

虫歯の進行段階:構造図C0

虫歯の進行段階:C0

歯の表面にあるエナメル質が徐々に溶け出している段階になります。
まだ痛みはなく穴が空いたり、黒ずんだりすることはありません。
この段階なら適切なブラッシング、そして歯科医院でフッ素を塗ってもらえば自然に治ります。

虫歯の進行段階:構造図C1

虫歯の進行段階:C1

歯の表面にあるエナメル質が細菌に溶かされている段階になります。
この段階でもまだ、ズキズキする痛みなどの自覚症状はありませんが、歯の表面のツヤがなくなり薄黒くなります。
この段階であれば薄黒くなった部分を削って、できた穴にプラスチックの詰め物を詰めて治療します。

虫歯の進行段階:構造図C2

虫歯の進行段階:C2

エナメル質の内側にある象牙質にまで虫歯が進行している段階になります。
冷たい物や甘い物などを口にすると痛みが走ります。また、黒ずみができ、穴が空き、見た目にも虫歯だとわかるようになります。
虫歯の部分を削り、詰め物(インレー)によって治療します。

虫歯の進行段階:構造図C3

虫歯の進行段階:C3

象牙質より内部にある神経(歯髄)にまで虫歯が進行している段階になります。炎症やズキズキと強い痛みを常に伴い、大きな穴が空き、膿が出てくるケースもあります。
虫歯部分を削って神経を取り除いて、被せ物(クラウン)をします。

虫歯の進行段階:構造図C4

虫歯の進行段階:C4

歯根まで虫歯が進行した段階になります。
歯の神経が死んでいるので痛みは感じませんが、歯根の先などが化膿して炎症が広がるケースもあります。
最終的には、抜歯が必要になります。 歯を抜いた後はインプラントや入れ歯などによって歯を補うことになります。

ページの先頭へ戻る