本文へジャンプ

はやし歯科医院:診療案内

インプラント

インプラント構造図

「インプラント」ご存知ですか?

インプラント治療とは、顎の骨に埋めたチタン製の支柱(インプラント)と人工の歯によって、失った歯の機能を補う治療です。
インプラントを顎の骨に埋め込み、約6~12週間の治癒期間を経て骨と結合したインプラントに、歯冠やブリッジ・義歯などの人工歯を固定します。

当院では、すでに入れ歯になっている方、歯を失くされたため、これから入れ歯になりそうな方に、積極的にもともとの歯と同じように噛むことができるインプラントによる治療法を薦めるようにしております。
現在、当院でのインプラントによる歯列回復された患者さんは、100名を超えております。

よくある質問についてのイメージ写真

治療事例について

「インプラント治療による事例紹介」はこちらからご覧いただけます。

治療事例の紹介はこちら

インプラント治療の流れ
【ステップ1】診査・診断

全身の状態やインプラント植立部位の骨形態・血管や神経の有無などを診査して、インプラント治療に適しているか否かを診断します。 問題がなければ治療計画・治療方針をご説明いたします。

【ステップ2】インプラント植立手術

治療計画に基づきインプラントを植立します。

【ステップ3】インプラントの治癒期間

植立したインプラントが周囲骨としっかり結合して安定するまでの期間です。
治癒期間中は既存の入れ歯を調整した上で使用していただきます。

【ステップ4】インプラント用義歯の装着

植立したインプラントが周囲骨としっかり結合したら、インプラント固定用の義歯を製作して装着します。

メンテナンス

お口の状態に変化や問題がないかをチェックするための定期健診に移行します。

その他の治療法との違いは?
歯が中間で1本抜けた場合 ブリッジ 矢印の画像 インプラントで治療すると
歯が中間で1本抜けた場合のブリッジのイメージ画像 歯が中間で1本抜けた場合のインプラント治療のイメージ画像
抜けた歯の両隣の天然歯を削って人工の歯(ブリッジ)を被せる方法です。両隣が健康な天然歯であっても、削ることになります。 インプラントは隣の健康な歯を削ることなく植立し、人工歯を取り付けます。自分の歯と区別のつかないくらい自然な状態となります。
歯が中間で2本抜けた場合 ブリッジ 矢印の画像 インプラントで治療すると
歯が中間で2本抜けた場合のブリッジのイメージ画像 歯が中間で2本抜けた場合のインプラント治療のイメージ画像
抜けた2本の歯の部分に加わる大きな力を支えるため、数本の健康な歯を削りブリッジにします。支える健康な歯には、大きな負担になります。 抜けた数本だけのインプラントを植立できます。インプラントは顎の骨にしっかり固定されているので強い力で噛むことができます。
奥歯が数本抜けた場合 局部床義歯=部分入れ歯 矢印の画像 インプラントで治療すると
奥歯が数本抜けた場合の局部床義歯=部分入れ歯のイメージ画像 奥歯が数本抜けた場合のインプラント治療のイメージ画像
取り外しの入れ歯を作り、バーを左右に渡して固定します。されに止め金でも固定しますが、口の中のバーや止め金には異物感が伴い、口臭の原因にもなります。 数本のインプラントを植立し、インプラント同士を連結します。入れ歯を固定するバーや止め金が不要となり、口の中もすっきりします。
歯が全部抜けた場合 全部床義歯=総入れ歯 矢印の画像 インプラントで治療すると
歯が全部抜けた場合の全部床義歯=総入れ歯のイメージ画像 歯が全部抜けた場合のインプラント治療のイメージ画像
全部に床のついた入れ歯を装着します。顎の骨が退縮すると入れ歯が不安定になりやすくなります。 数本のインプラントを植立し、連結された維持装置に入れ歯を固定します。入れ歯が安定し、口の中で動いたり、笑ったときに飛び出したりすることを防止します。
インプラント治療は手術がたいへんで治療費が高額だと思っていませんか?

ミニインプラントは、骨の量が少ない部位でも植立が可能な細いインプラントです。このインプラントを血管や神経の少ない安全な領域に4~6本植立して入れ歯を固定します。 使用するインプラントの本数が少ないので、手術も小規模で済み治療費も抑えることができます。

歯が全部抜けた場合

骨の中の血管や神経が少ない安全な領域に、ミニインプラントを4~6本植立します。

インプラントによって入れ歯を固定します。

インプラントについてもっと知りたい方は、専用サイトがございます。

神戸町インプラント情報センター:インプラント専用サイトへ

ページの先頭へ戻る